札幌駅北口近くで、幼稚園年少から英語を学ぶプリスクール
UNDERDOGS

お電話でのお問い合わせ
011-776-7308

アンダードッグスの英語教育について | About us

アンダードッグスは幼稚園年少からを対象とした英語を学ぶ札幌のプリスクールです。教室は通学にも便利な札幌駅の北口近くにあり、楽しく学習できる環境を整えています。幼稚園年少から年長までが1クラスの少人数制プリスクールで、生徒一人ひとりと深い関係を築きながら、英語が自然に身に付く教育をめざしています。

アンダードッグスは札幌の小さなプライベートスクールですが、少人数の生徒と深い付き合いができる教育環境に私たちは誇りに思っており、子ども達に質の高い英語教育を提供することを第一の目標としています。幼稚園年少からの時間を共に英語という環境の中で過ごすことで、子供達の成長を見守り、幼稚園時代の経験をベースに子ども達とともに長く歩んでいきたいと考えています。
At Underdogs we take pride in being a small and personal English school. We focus on what we do best: teaching English, and building a deep relationship with each student, hopefully leading to a long history together.
アンダードッグスでは、講師達が同じカリキュラム・考え方のもとレッスンを行っています。 それぞれの子どもがバランスよく英語力を身に付けられるようにすること、また子どもたちの成長に合わせた教育をすることを目標としています。もちろん、レッスンは楽しくあるべきで、いかに楽しいレッスンを提供するかが、私たちの使命でありそれらをベースに想像力を育てることや、子ども達自ら作り上げていく学びを重要視しております。 レッスンは、イマ―ジョン英語教育の幼稚園児を対象としたクラスの他に、小学生以上を対象としたアフタヌーンクラスをご用意しています。札幌でプリスクールをお探しの場合はお気軽にご相談ください。また、レッスン時間外の託児サービスにつきましては、お問い合わせください。
The teachers at Underdogs teach with the same philosophy: focus on giving every child the balanced education that they need, not just studying and speaking English, but preparing the children for their everyday lives growing up. And, while doing this, HAVE FUN!!! A happy child will always learn more than a bored child. Imagination and creativity are the keys to building a strong student. We make that a priority. We offer an immersion English program for Kindergarten aged children, as well as afternoon lessons for school age children. We can also help arrange pre-lesson and post-lesson supervision of students for parents whose schedule limits their drop off and pick up times.

アンダードッグス校長 | Siemens Sheldon Ray

カナダ出身。University of Winnipegにて教育スポーツ心理学専攻後、University of Torontoにて日本史専攻。カナダと気候や雰囲気が似ている北海道が好きで札幌に移住することに。札幌へ移住後、英語講師歴約20年の経験をもとにプリスクール「アンダードッグス」を開校して子ども達に学ぶ楽しさを伝えること、子どもの個性を深く探求し、その後の成長につながる教育をすることをモットーとして活動しています。趣味は キャンプと釣り。 *スタッフには、留学経験およびアメリカのプリスクールで講師経験のある臨床心理士・保育士の資格を持った日本人講師がおります。
The name :

The name :

You won’t find an accurate meaning of “underdog” in a Japanese-English dictionary. Underdog means, simply, a person or team that is not expected to win. The nuance, however, is much more positive. An underdog is someone who people cheer for. Underdogs have to work much harder and can never give up if they want to win.  That is why I chose this name. I believe in living life as an underdog. NEVER expect to win. Always work harder than you have to. Never think about how good the opposition is. Challenge YOURSELF, and do the best that YOU can do!

The name :

スクール名“Underdogs”には、子ども達にいつでも油断することなく、常に 自分のベストを尽くしチャレンジし続けて欲しいという意味が込められています。日本語の辞書などでは、なかなか本来の意味は、見つけづらい言葉ではありますが、Underdogsには、「勝つことが難しいように見える事に一生懸命に取り組んでいて、みんなから応援される人」という意味合いがあります。何かに挑戦するときに、難しいからとあきらめてしまうのではなく、いつも一生懸命であって欲しい、そして自分に厳しく頑張ってもらいたいという思いを込めUnderdogs Englishが誕生しました。

The School :

The school :

As a school, our goal is to remain a small, controllable and elite school in the Kitaguchi area, whose heart and soul are committed to education and broadening our student's minds. We have chosen to remain small in order to keep our education levels higher than the larger kindergartens and preschools. Of course, having fewer students means the students can get more attention from the staff, helping increase their English levels and, more importantly, gives the staff a better opportunity to learn about the students on a deeper personal basis. It is this deeper understanding of the children that allows us, the staff, to make a stronger Kinder "team", and this "team" gives every child a chance to show their strong points.

アンダードッグスの教育方針として、私たちは札幌駅北口エリアにある小さな英語プリスクールでありつづけたいと思っています。それは、大きなプリスクールや幼稚園ではできない子ども達との関わりが何よりも大事だと考えているからです。 スタッフが子供たち一人ひとりの個性を理解し、様々な経験をさせる事で子供たちの可能性を開き広げていくことが私たちの使命です。また、高い英語力を保つ為、というのも小さなプリスクールである理由の一つです。スタッフや子供たち同士が深く理解しあう事で、子供たちは、“チーム”として団結していきます。この“チーム”としての学びが子供たちに様々なチャンスを与えてくれると考えています。

Location :

Location:

We are conveniently located 1 block north and one block west of Sapporo Station, at the south side of Hokkaido University.

 

Location:

スクールは札幌駅北口近く、北大の南側に位置しており、通いやすいロケーションとなっております。

Underdogs English

〒 060-0808 札幌市北区北8条西5丁目1番地  サイエンスビル4階

TEL :  011-776-7308    メール:mail@underdogs.jp

地図をクリックでgoogle マップ起動

Kinder Enrollment :

Kinder Enrollment:

Enrollment at Underdogs starts in the “Nen-sho” year (when a child will turn 4 years old during the school year, starting April 2nd).

Assuming the child has basic life and social skills, any child is welcome.

The observation of the child in a play setting is required, and an interview with both of the parents of the child is preferred.  As we are a small school, we don’t have placement space for many students so preference will be given to children with English experience and to those students whose parents have a philosophy that coincides with Underdogs.

Enrollment is also possible in the “Nen-chu” year (child turning 5 years old) when spaces are available.

Enrollment in the “Nen-cho” year (turning 6 years old) is permitted only under very special circumstances such as returnees from abroad or students whose parents are native speakers. This too, depends on space availability.

*入園対象 : 年少より

入園にあたり、年少で入園の場合は基本的な日常生活(着替え・食事・トイレなど)が自分で行えることが条件となります。また、Kinderは少人数制で教育を行う為、Familyインタビューで教育方針のマッチングなどの話合いを行ってからの入園申し込みとなっております。Familyインタビューは、お教室でお子様の遊んでいる様子や、講師とのやりとりを見ながら行います。

 

*年中より入園の際は、日常会話が英語で理解できることが条件となります。

*年長より入園の際は、帰国子女などの英語経験に加え、Kinderでのレッスンに適応できる英語力が必要となります。

*年中・年長ともに定員に空きがある場合のみ入園が可能です。

アフタヌーンクラスについてはお問い合わせ下さい。

*見学希望・お問い合わせはお電話または、メール受け付けしております。

連絡先

TEL :   011−776−7308       E-mail : mail@underdogs.jp

社名:合同会社Underdogs English

代表社員:シメンズ・シェルダン・レイ

設立:2014年11月

所在地:札幌市北区北8条西5丁目1番地サイエンスビル4階

Lessons :

Lessons:

<Kinder >(Kindergarten age):

Kinder is immersion English. For three years, the student will attend Underdogs four days a week, an average of four hours per day.

 

In Kinder, the 1st year focuses on building a strong speaking base and group dynamics.

The 2nd year is the introduction of basic reading skills and group responsibilities.

The 3rd year is the introduction of basic writing skills, and group leadership.

 

Kinder has many events every year, including celebrating all of the main Western and Japanese special days (Christmas, Setsubun, Halloween, ect), and going on picnics and field trips. We also have the yearly Kinder Sports Day and Graduation.

Learning in Kinder is all about the kids learning how to think by themselves. Using imagination, using daily life experience and using common logic is the reason Underdogs Kinder has the high level it does.

We encourage the children to develop their own characters, and getting to know their own weak and strong points as not only students, but also as people. And, of course, learning about the world we live in.

Lessons:

<Kinder>(年少〜年長)

 

・週4回(月・火・木・金)、1日4時間レッスン(英語のみのイマ―ジョン教育)

 

<Kinder1年目(年少)>

Speakingの基礎を強くし、グループの中で行動することや自分の役割について学ぶことを目標とします。

 

<Kinder2年目(年中)>

基礎的なReading力をつけることや、グループの中においては他者と協力したりしながら、責任をもって自らの役割を果たすことを目標とします。

 

<Kinder3年目(年長)>

基礎的なWriting力(アメリカのGrade1-2 Level)を身に付けること、グループの中では自ら考えリーダーシップをとり、それぞれがクラスに貢献することを学ぶことを目標とします。

 

Kinderでは、様々な国や日本の行事を経験するイベントも行われます。(ハロウイン、クリスマス、節分など)またピクニックや遠足などのお出かけや、運動会などの行事を通してクラスの交流を深めます。年度末には、発表会および卒園式を行い、1年の成果を発表するとともに卒園生を小学校に送り出します。

Kinderでの学びは、いかに“自分で考える”かにあります。子どものもつ想像力や、日常生活での経験から理論的に考え自分の意見を作りあげていくこが、Kinder Kidsの英語力の高さにつながっています。私たちは、子ども一人ひとりの個性を尊重し、長所や短所を含めひとりの人間として個性や個人差を認め合い、自分たちが住む世界について子ども達と共に学んでいきたいと考えています。

<Afternoon Lessons >

(Primary school and older):

In Kinder, the children build their fluency and speaking abilities. In the afternoon lessons they organize what they have learned through a deeper study of English grammar and usage to maintain their English fluency.

 

The afternoon lessons are a continuation of Kinder, with the focus transitioning away from immersion English to a more study based lesson. The curriculum used is original and created to strengthen English in all areas. While the curriculum becomes more in depth as the child grows older, Underdogs teachers still focus on having fun while learning!

<Afternoon Lessons>

(小学生以上)

 Kinderで培った英語力をもとに、アフタヌーンクラスではより文法や使い方にフォーカスして学んでいきます。

カリキュラムは当スクールオリジナルのものを使用しており、Speaking, Reading, Writing の力がバランスよく身につくように作られています。

講師達は、「Studyの時こそ楽しく」をモットーに、子ども達が英語を学び続けたいと思えるような楽しいレッスンをすることを目標としています。

Copyright © 2017 Underdogs English , All Rights Reserved.